未分類

筋トレは体が柔軟に動くようにするために大切ですが、やりすぎはかえって逆効果になります。

 
大切なことは、自分を信じてマイペースで体をいじめないように酷使しないようにすることです。そうすれば、体の中の神経が好調に働いて、活動しやすくなります。不慮の事故に遭うこともある中で、いつどんなことがあっても筋肉はしっかりと動かせるようにストレッチの方法などを講習会などで学んでおくと役に立つことがあります。疲れの回復は年を取るとともに遅くなっていきますが、それでもお酒を飲みすぎたり、食べ過ぎたりしないで、心身ともに健康で快適に生活することが大切です。

 

 
そのために、筋トレをしたり、適度なウォーキングをしたり、美術や日曜大工など手作業をしたりすることで、手や足をフルに使うということで脳に対して良い影響を与えることができます。そんな体の仕組みを十分に理解しながら、筋トレは無理をしないで2日おきに1回やれば十分です。筋肉のコリを感じたら、たまにはマッサージしてもらうリラクセーションに頼るのも効果があります。時間を作って友人との飲み会や旅行をしたりして、筋肉を動かし、鍛えることも日常生活の中でやっておく必要があります。

夏の暑い日の方が汗をたくさんかいて痩せるいうイメージあありますが、実は冬の方が寝ていたり何もしないでいても消費されるエネルギー量である基礎代謝量が上がり痩せやすくなります。

 
気温が低く寒い季節は冷えた体を温めるためにエネルギーを使うので、同じ動作をしていてもエネルギー消費が高まり消費カロリーが増えるのです。
寒い冬に基礎代謝が上がる原因は、体温を保とうとすることにあるので、その効果を上げるためには適度に薄着をして体感温度を低めにすることが効果的です。歩いたり、家事をしたり日常生活を薄着で過ごすのですが、逆に体を温めようとして脂肪が蓄積してしまうこともあるので、薄着をした分だけ体を動かして寒さを感じないようにすることが重要です。

 
そして脂肪の代謝を促して痩せやすい体に変えるためには、自律神経のバランスを整えて交感神経の働きを良くする必要があります。
交感神経は体を活動モードにして、身体が活発に動きます。その活発な働きの一つが体内に蓄積された脂肪を燃焼して分解させることです。
冬は寒さやストレスによって自律神経の働きが悪くなってしまいがちです。

 
なので早寝早起きをして体内リズムをしっかり整えたり、お風呂にしっかりつかって身体を温めること、食事バランスを整えたり適度な運動をすることなどが必要たなります。

 

有酸素運動というと、ウォーキングや水泳が代表的になるのですが、筋トレをしたりストレッチを行うことで、体の筋肉の機能を高めながら脂肪を落としていくことができます。

 
筋トレは、体に存在する筋肉を鍛えていく運動法になるのですが、運動するときに呼吸に気を付けることで有効な有酸素運動となってきます。
体の筋力に合った負荷をかけながら運動することで、体に負担をかけることなく筋力を高めていくことができますし、それと同時に余分な脂肪も落とせるようになるのです。

 
また、筋トレを毎日行うことで、体のメリハリを出していくことができますので、美しいスタイルに改善できるでしょう。
ストレッチについても、体の柔軟性を高めることができますので、脂肪燃焼がしやすくなってくるのです。
ストレッチの場合、体力に自信がない方や高齢者の方でも安心して行うことができますし、体全体の働きを高めていくことにより、基礎代謝量をアップさせることができます。

 
とくにお風呂に入った後に行うことで、より脂肪が燃えやすくなってきますので、ダイエットを行いたい方や健康を維持したい方におすすめとなるでしょう。
有酸素運動をおこなうときには、これらの運動法に注目してみるとよいでしょう。

ウォーキングの常識を変えたといわれるインターバル速歩という歩き方をご存知でしょうか。

 

 

10歳若返るともいわれている画期的なウォーキングの方法のようです。基本は速いペースの歩き方と、普通のペースの歩き方を3分ずつ繰り返すことで効果があらわれるようです。はじめは少しずつから行い、1時間以上こなせるようになると、より効果が分かるといわれています。大学での研究でも、このインターバル速歩を行ったグループは、肥満の改善のほか、高血糖や高血圧にも改善が見られたようです。そして体力も20%の向上がみられたようです。また、動脈硬化やがんの原因も抑えることができるようです。何よりも、楽に続けやすいウォーキングの方法でもあるので、誰でもチャレンジしやすいということが最大の特徴でしょう。また、終わった後の飲み物でも、様々な効果が得られるようです。

 

 

牛乳を飲めば、基礎代謝がアップし、糖分も取ることで筋力もつくといわれています。これらの飲み方はアスリートも実践している方法だといわれるので、信頼できるでしょう。スポーツ後の飲料は、特にからだへの働きかけが大きいようです。簡単にできる若返り法を身につけてみてはいかがでしょう。

朝起きた時の体はお腹が空いている状態ではありませんか。何時間も何も食べていない状態ですから、脂肪がとても燃焼しやすい状態なのです。胃の中に食べ物があると運動しても食べたものをエネルギーに変えるので、脂肪が燃焼しにくいのです。朝食前であれば、体に付いている脂肪を燃焼できるので効果的というわけです。

 

 

また、朝の時間帯は交感神経が優位な状態です。体がとても活発的な状態なのでダイエットのために運動するにはとても良いコンディションです。どんどん体温が上がっていく時間帯にウォーキングなどの運動をすれば、代謝も活発になっているので脂肪が燃焼しやすいのです。夜に運動してもなかなか痩せなかったということはありませんでしたか。この時間帯はリラックスモードの副交感神経が優位な状態なので体が休もうとしています。だから、運動してもあまり痩せないというわけです。

夜は少し早めに寝て、早起きして、朝食前に軽く運動をしてみてください。ダイエット効果が出やすいことがわかるでしょう。運動をした後は、しっかりと朝食を食べてください。しっかりとエネルギー補給をしないと昼間に活動ができなくなります。また、脂肪が燃えやすい食事にするとよりダイエット効果が期待できます。

体にいいコトを意識しながら動くと、体内の血行が良くなってすっきりします。

 

 
痩せることを時々意識しながら動くのは良いことであり、適度なウォーキングが体のために良いです。まず、ご飯は白米から五穀に変えてみることから始めると、食後はなんか体が軽くなったように感じられます。
他にも激しい感情にならないように気をつけることが大切で、精神の安定化を図ります。友達に協力してもらって五感豊かになるように楽しいことをどんどんやっていきます。仕事で疲れた体を休ませながら、リフレッシュの意味でジムに通ったり、おしゃれなものを買いに行ったり、美味しいけどカロリーが低めのランチを食べたりといろいろなことをやってみます。

 

 
あとは、神社に行って将来のことを祈願するのも効果があります。神社との付き合いは長く続けていけば、自分の心と体に良い事が跳ね返ってくる可能性が十分にあります。少子高齢化社会でも負けないで強くて明るい日本となるようにお祈りするのも効果があります。自分にとって大切な両親を敬い、将来に向かって建設的に物事を考えて、時間を有効に使い、近所や後輩などに対しても思いやる気持ちを忘れないで生活していく必要があります。

白筋とは、速筋とも言います。反意語は赤筋で、遅筋とも言います。前者は瞬発力、すなわち爆発的なパワーを生み出す筋肉です。ただし持久力はありません。例えば短距離ランナー、得に黒人選手の体型を思い描いて下さい。筋肉隆々たる身体で、いかにもパワフルです。後者は長時間に渡って運動可能なタイプの筋肉です。長距離ランナーの身体はアスリートとしてはかなりほっそりとしていて、筋肉のつき方も少なそうに見えます。ただし一瞬にしてパワーを出し切るような運動には向いていません。

白筋を鍛えるのには、ウェートトレーニングが向いています。瞬間息を止めてぐっと力を込めるタイプの運動です。いわゆる無酸素運動になります。これを連続して行うことで、逞しい筋肉を作って行きます。トレーニングにふさわしいタイミングは、食事の後です。摂取したタンパク質が効率的に筋肉を作り上げて行きます。そしてトレーニングを開始して20分ほどで成長ホルモンが分泌され、筋組織が太くなって行きます。

このようなトレーニングを習慣にしている人は、1日の総カロリー摂取量の範囲内で、脂肪を下げ、タンパク質を上げる工夫が必要になってきます。ただし脂肪も体温保持や内臓・骨格を保護する役目がありますから、最低量は必ず摂るようにしましょう。また今日では良い商品が出ているので、トレーニング前にプロテインを摂取するのも良い方法です。

筋肉の成長ホルモンのことも意識しつつ、リラックスして就寝する習慣も付けます。それは入眠後回復ホルモンが分泌され、トレーニングによっていじめた筋肉を修復する役割があるからです。

ダイエットを考えている人は身体の中にある筋肉「赤筋」を意識的に鍛えるのがおすすめです。赤筋はインナーマッスルに多く存在する赤い色をした筋肉で、体内の脂肪を燃やす効果が非常に高く基礎代謝を高めてくれるため、椅子に座っているだけでも脂肪燃焼効果を得られやすくなります。

 
赤筋を効率的に鍛えるならば有酸素運動がおすすめです。特にゆっくりとしたリズミカルな運動によって持久性の高い筋肉が作られやすくなるためジョギングやウォーキングなどの運動がおすすめです。

 
よくテニスやゴルフなどのスポーツも有酸素運動だと思われがちですが、これらのスポーツは持久性が必要な動きと無酸素運動が組み合わさっているスポーツなので、白筋と呼ばれる筋肉が増えやすくなります。これはボディビルダーなどに多い魅せる筋肉で、メリハリボディを目指すならば必要な筋肉ですが、とりあえずダイエットをしたい時には後から鍛えても構いません。

 
有酸素運動はある程度継続して行うことで脂肪燃焼効果が得られやすくなるため、出来れば15分から30分以上は継続して運動をすることが大切です。運動の前にはきちんと水を飲んでから行うと汗が出やすくなって代謝も上がりやすくなるのでオススメです。

座っている時間と運動は密接な関係にあります。

 
デスクワークなど一日に座っている時間が長い職業では、体内の血行が悪くなるので、15分おきに席を外して階段を上り下りしたりしてまた戻って座って仕事をするのが理想ですが、会議中の場合は難しいことがあります。そういう時に、座っていてもできる運動をする方法があります。足を思い切って伸ばしたり、手をもんだり、指を開いたり閉じたりというようにして脳への刺激を与えるようにします。そうすることでいくらか体内の血行が良くなってきます。
基本的には、健康でいられるためには、1日6時間の仕事があるところを探して、その仕事に就くことですが、高齢者では仕事がなかなか見つからないことがあります。デスクワークの時間が長いとどうしても運動不足になりやすいので、座っている時間中に簡単な筋トレやストレッチができるような運動をする必要があります。

 

 
その運動にどういうやり方があるかを事前に講習会などで教わると役に立つことがあります。今後はもっと歩く時間を増やして、昼休み中は職場から少し離れたところにあるお店に行って食事をしたり、景色を見たりして気分転換を図る必要があります。それが精神の安定化につながります。